その、青い心たち

僕の話を聞いてくれ 笑い飛ばしてもいいから

肉肉しい話

今週のお題「肉」

f:id:goodbye-1000days:20210922020645j:plain

肉って漢字、いかにもニクニクしい感じがするので
腹直筋の隆起を
表しているのかと思っていました。
 

 ○ <フンッ!
≪肉≫
《 》


でも、そうではなく
動物のお肉に入っているスジを
表しているそうです。

そんなことを書きながら、
自分の腹直筋具合を、確認したところ
長引くフルリモート生活で、
跡形もなく消えていました。

いつまでも、あると思うな腹直筋。

食欲の秋を前にして、
波打つ腹を前にして、
ダイエットを今、決意しました。

お肉を食べながら思い出すこと

今週のお題「肉」

焼肉

お肉、大好きなんですが
世の中にはベジタリアンやビーガン、
その他宗教的な理由でお肉を食べない人もいます。

菜食主義には色んな意見があると思いますが、
食べたくないなら食べなくていいと言うのが
私の考え。

私、大学卒業前、インターン中に退職するという、
危険なことをやってしまった過去があります。

振り返ってみると、若気が至りすぎました。

その頃色々ありまして、
人生が、迷宮入りしていたのです。

そして、迷える私は、
当時アルバイトしていた古着屋の店長の、
お友達である画家の家に転がり込んでいました。

そこには画家先生以外にも、 先住民が3人おりまして
そのうちの一人がアイルランド人のエリン、
生粋の菜食主義者でした。

エリンとは片言の英語で、なんとかコミュニケーションをとり
少しずつ打ち解けて、いつしか友達になりました。

ある時、美味しいママレードジャムを手に入れたので
画家ハウスの朝食に出しました。

その時エリンが、このジャムに動物は入ってないかと聞いてきたのです。

ママレードだし、何いってんだ?
大丈夫だろと思って、
自信満々に大丈夫、動物なんか入ってないよ
美味しいから食べて!と言ったのです。

エリンも気に入ったみたいで
美味しい!と言ってセロリに塗って食べていました。

が、その数時間後、
物凄い勢いで怒られました。
そして、絶交されてしまいました。。

私は全く知らなかったのですが
ジャムにゼラチンが入っていて、
ゼラチンというものは動物性だったのです。

ゼラチン(英: gelatin)は、動物の皮膚や骨、腱などの結合組織の主成分であるコラーゲンに熱を加え抽出したもの[1]。化学的にはアミノ酸の直鎖状ポリマー[2](タンパク質)を主成分とする。

出典:ウィキペディア

エリンはたしか当時20才くらいで、
動物を全く食べたことがない
ベジタリアンでした。

強い信念をもち動物を食べてこなかった人に、
悪気はないにしても、動物を食べさせてしまった。

弁解の余地はない事をすぐに悟り、
許してと言う資格はないけど
友達に戻れることを望んでる、と
伝えて無視されたのが
エリンとの最後でした。

それからまもなくエリンは、
不法滞在で捕まって強制送還され
私は、卒業直前に就職が決まって
社会復帰を果たし、それっきりです。

私は、あれからできるだけ
不確かなことを
断定的な表現で話さないように注意をしています。

世の中には謝ってすまないこともある。

お肉食べてるとたまに、
ふとエリンさんのことを思い出し、
許してはくれないかもしれないけど、
できる事ならば、もっとちゃんと謝りたいな、
と、自分勝手なことを考えています。

○○しばく

今週のお題「好きなお茶」

喫茶

私、出身は大阪です。
ご存知の方もいるかも知れませんが
私が過ごした大阪(の一部なのかな??)では
いろんなものをしばきます。

「牛しばく」「鳥しばく」
なんのことか分かりますか?

牛しばく→吉野家に食べに行く
鳥しばく→ケンタッキーに食べに行く

食べに行くって言えやw
って感じですよね。

もともとはお茶することを意味する
「茶しばく」からきています。

大阪弁って面白くて、
「ワレなめとんか!」「自分なにしとんねん!」
というような表現をよく使いますが、
ワレとか自分とか、本人のことではなく 翻訳すると
ワレも自分も「あなた」です。

大阪に住んでいた時は、
なんとも思わなかったですが
改めて文字にしてみるとややこしいですねw

時代が時代だったのか、
今でもそうなのか分かりませんが
街を歩くだけで絡まれることが度々ありました。

目線が合えば、それが始まりの合図って感じで
「おう、誰にガン飛ばしとんじゃ!」 って絡まれて。

また方言でましたね。
「ガン飛ばす」
睨みつけるって意味です。

振り返ると治安悪すぎてビビリますね。
ヘタレのくせに、
よく死なずに過ごせたなと思います。

あ、ヘタレは雑魚(ザコ)って意味です。
私、自分でそう思うくらい雑魚ですw

大阪で平和に過ごせたのは、
家族や友達に恵まれたからでしょうね。

ありがたいことです。

お茶よりコーヒーかな

今週のお題「好きなお茶」

お茶よりコーヒー派ですʕ´• ᴥ•̥`ʔ

でも昔、 訪日外国人ターゲットにして 日本茶専門喫茶店を出店しようとしてました。

京都の美山というところに土地を買って、 夏にはホタルを鑑賞しながら茶が飲めるという、自然を体感する的なコンセプトで。

美山 かやぶき ↑美山はかやぶきの里で有名です。

でも、色々あって京都市内で町家を買って、 リノベーションし、古着屋とセットにした喫茶店を出店しました。

3年で単黒、5年で累黒になったところで 知り合いに事業譲渡して そっからサラリーマンへ転身。

仕事を楽しんだ結果お金も儲かるのがその頃の理想だったんですが、 従業員の生活が僕の頑張りにかかってると思うと、 お金の事ばかり考えなくてはならなくて 、ちょっと嫌になっちゃって。

人の人生預かれるくらいのタフさが、 なかったんです。

でも、良かったと思う。 雇われてるのはとても楽です。

訪日外国人頼みの商売やったし、 あのまま続けてたとしたら コロナで潰れてたと思うし。

あの頃は京都に観光客がいなくなるなんて想像もしてなかった。

はやくコロナがおさまってほしいものです。

世界は何か学べたのでしょうか。

今週のお題「爆発」

爆発するものといえば爆弾。
爆弾にちなんだ音楽の話をしましょう。

CCRの名曲、Have you ever seen the rain?をご存知でしょうか。

日本語に訳すと「雨をみたかい」ですね。

変わったタイトル。意味深ですね。
歌詞はどうでしょうか。



Someone told me long ago
ずっと前に誰かから聞いた

There’s a calm before the storm
嵐の前には静けさがあるって

I know, and it’s been coming for sometime
知ってる 嵐は時々くるから


When it’s over so they say
嵐が過ぎたらみんな言う

It’ll bring a sunny day
晴れた日が来るって

I know, shining down like water
知ってる 天気雨がくる

I wanna know, have you ever seen the rain
雨をみたかい? 知りたいんだ

I wanna know, have you ever seen the rain
Coming down on a sunny day
晴れた日に降る雨を
みたことがあるか 教えてよ


Yesterday and days before
ずいぶん前から

Sun is cold and rain is hot
太陽は冷たくて 雨は熱い

I know, been that way for all my time
知ってる 僕にはいつだってそう

Till forever on it goes
ずっと変わんない

Fill the circle fast and slow
遅かれ早かれ こんな繰り返し

I know, and I can’t stop my wonder
知ってる 不安で仕方ない

I wanna know, have you ever seen the rain
雨をみたかい? 知りたいんだ

I wanna know, have you ever seen the rain
Coming down on a sunny day
晴れた日に降る雨を
みたことがあるか 教えてよ




うまくいかない日常を、
天気雨に準えて歌ったようにも聴こえますが
そうではないようです。

この曲、発売当初
アメリカでは放送禁止でした。

何故か?

この曲が発表された1970年、
アメリカがどんな状況だったかみてみましょう。

1970年のアメリカは戦時中でした。
1955年から約20年続いた、
ベトナム戦争の終盤です。

戦時中は、士気を下げるものは悪とされます。
「雨をみたかい」は士気を下げるものと判断されたのです。

この歌の中で降る熱い天気雨は、
水のようにキラキラと降ってきますが
雨ではなくナパーム弾だと思われます。
CCR自身はナパーム弾の歌ですとは言っていません。
ただのお天気の歌ですって、
何かのインタビューで言ってました。
不本意ながらベトナム戦争に参加せざるを得なかった人達に
配慮したのかもしれません。)

ナパーム弾は落下する時、
空気抵抗により摩擦が生じ
キラキラ光ります。天気雨みたいに。

ナパーム弾は第二次世界大戦で初めて使われました。

どんなもので、
なんのために開発されたのかは
ご存知でしょうか。

ナパーム弾は油脂に増粘剤を添加して
ゼリー状したものが飛び散るように設計されています。

飛び散った油脂を木造が多い日本の家屋や、
逃げ惑う人々の衣服に付着させて
全て焼き尽くす為の設計です。

ナパーム弾はその増粘性と極めて高温で燃焼する特性のため
水をかけても消せません。

東京大空襲などで使われ、
設計通りに機能することが証明されました。

ベトナム戦争では
さらに改良(全然良くないから改悪というべき?)を
加えたものが使われたそうです。

1970年のアメリカには、
ナパーム弾などで
ベトナムの民間人を含む多くの人々が
大量に殺戮され続けていることに、
疑問を持つ人も増えていました。

こんなこと、いつまで続けるんだと。

アフガン戦争がつい先日終結ましたが、
世界は何か学べたでしょうか。

アフガンから退避しようとする人々で混雑していた
空港付近でテロがあり、
アメリカは即座にドローンで報復していました。

何か、学べたんでしょうか。



最近知ったんですが、Androidスマホでも
Apple musicアプリが
Google playストアで配布されてますので、
Apple musicの曲が聞けます!

Amazonミュージックがあるからいいやと思っていたのですが
Apple musicのほうが、
キッズや最新曲が充実していたので、
乗り換えました。

プレーヤー下部のボタンから登録出来ます。
今なら3ヶ月無料なので、お試しあれ。

サボるってなんだろう

今週のお題「サボる」

サボる。一般的にはあんまり良くないことですね。

意味合いとしては、怠けるとか
そんな、感じですよね。

語源はフランス語のサボタージュだそうです。
それを、略してサボる。

でも、フランス語のサボタージュ
妨害行為とか破壊行為という意味で、
怠けるというような、ニュアンスはありません。

何故それが怠けるという意味の
「サボる」になったのか。

不思議ですねw

サボるといえば、頭に流れるのは
清志郎さんの
トランジスタラジオ」ですね。

〽Uh 授業をサボって〜♪ で
始まるあの名曲です!

清志郎さんは、
フジロックでみました。

3日間、いろんなステージでライブして
フジロックを一番
楽しんでおられたように思います。

2005年だったかな?

ラジオの公開収録もあって、
幸運なことに最前列で清志郎さんをみれました。

東京から苗場まで自転車できたら
途中で職質されたらしくて、
それの、愚痴を即興で弾き語ってました。

トランジスタラジオ以外にも、
好きな曲がたくさんあるので
のっけておきます。

アップルミュージックのアカウントお持ちでしたら
ログインすればフルで聞けると思います。↓

最近知ったんですが、Androidスマホでも
Apple musicアプリが
Google playストアで配布されてますので、
Apple musicの曲が聞けます!

Amazonミュージックがあるからいいやと思っていたのでが
Apple musicのほうが、
キッズや最新曲が充実していたので、
乗り換えました。

プレーヤー下部のボタンから登録出来ます。
今なら3ヶ月無料なので、お試しあれ。

ミステリと言う勿れ が凄くおもしろい。

久々に漫画で、感動しました。

ミステリ好きなので、ミステリ関係のレコメンドが
Googleの広告枠とかでよく出てくるのですが、
サブスク式コミックサイトの広告でたまたま
「ミステリと言う勿れ」が出ました。

数コマだけ読めて続きは遷移先で数話だけ無料購読、
良いところで続きは会員登録してポイント買ってね式のワナに
まんまとハマりました。

続きが読みたくてついついポイントを購入してしまいましたが、
調べたら電子書籍があったのでそちらで購入したほうがお得です。

hb.afl.rakuten.co.jp

ミステリが軸にはあるんですが、
この漫画の(私個人の意見ですが)
見どころはそこじゃなくて
主人公の語りにあります。

まだ2つ位しかストーリーを完読してないですが
その僅かな間でも心が救われる瞬間が
いくつもありました。

例えばいじめに関するこの語り
(だいたい合ってると思いますが一字一句一緒ではないです)↓
「なんでいじめられている側が逃げなきゃいけないんですかね。
...中略...
病んでたり、迷惑だったり、恥ずかしくて、問題があるのは
いじめてる側なのに。
どうしていじめられている側を逃げさせるんだろう。」

いじめに悩んでいる被害者、加害者、周辺にいる人、
それらを監督する立場にある人に読んでもらいたい。

何かの助けになる気がします。

これ以外にもいくつも素晴らしい語りがありまして
もうすっかり虜です。

田村由美さんという方の作品のようですが、
来年の1月には菅田将暉さん主演で
ドラマ化されるそうです。

楽しみ〜!